FX口座は複数管理が常識に?

FX口座は、売買を行なう際に必要なものですが、会社によって特徴などが違います。レバレッジが個人投資家のみ上限を設けられてしまったので、レバレッジでの比較はあまりできませんが、売買にかかる手数料であるスプレッドの設定などは大きく変わるそうです。


FX口座は美味しいとこだけ取る!

一社だけですべてがそろうのはベストですが、そんなにうまくいくことはないですし、会社も得意なジャンルなどは変わるそうです。そこでオススメされているのは、複数の口座を持つことです。各口座の持つメリットだけを活かして、使い分けるというもので、ニュースが迅速で詳しい会社であれば、情報収集だけに使う、売買が早い会社は売買だけに使うというものです。


メリットを組み合わせて管理を

スプレッドも会社で設定が変わります。そのため、金利差額で利益を出す場合には、金利差額に強い口座を選ぶといいのです。外貨の情報や分析などのセミナー開催に積極的な口座があれば、そこではセミナーだけを利用する、或は参加に必要な最低購入だけを行うなどで、無駄をなくすというわけです。使いやすいFX口座、情報の早い口座、売買確定のタイムラグのない口座など個性を見極めるといいでしょう。