FXで売りから入るってどうゆうこと?

FXでは外貨為替を安く買い、高く売るという仕組みを利用して利益を得るほか、ロールオーバーでついたスワップという金利を利益とする方法などがあります。このFXでは為替取引に大きな特徴があります。それが、売買がセットになっているということです。


FXは売ったら必ず買う、買ったら必ず売る

FX取引では、ルールがあります。売ったものは必ず買う、買ったものは必ず売るということです。売買でセットのトレードという特徴を持つことから、外貨を持っていなくても売ることから始めることが可能なのだそうです。売値と買値には差があり、この差をスプレッドといいます。しかし持っていないものを売るというのは不思議ですね。この売りから、とは一度借りて、それを売ると考えましょう。しかしこの貸し借りにはルールがあります。それが借りたときと同じ通貨で返済をするということです。


価格が安くなったら買うことで差額が生まれる

通貨を借りて高く売り、安い値段で全く同じ通貨を購入すると、買うときのほうが通貨は増えますよね?1ドル100円の場合と1ドル150円なら、同じ50万円で買えるドルの額が変わることも分かるかと思います。この差額を出す方法が売りから、というFX特有のトレード方法だそうです。そのため、全体的に為替の価値が上がっているときでもFXを開始して利益を出すことができるという仕組みなのだそうです。