FXの証拠金が少ないことにリスクはある?

FX口座ではレバレッジというてこの原理を使った方法で、証拠金以上のトレードを行うことを可能としています。規制がかかって、今は最大25倍だそうですが、それでも自分が持っているお金の25倍の金額というのは、非常に大きな額といえるでしょう。


○FX証拠金が少ないと起こるリスクは何?

口座選びではスプレッドなどに注目されやすいですが、リスクヘッジに、強制ロスカットなどの制限機能を利用する人がほとんどかと思います。口座でこのアラートの数字や、トレード強制終了になる割合は変わりますが、これは今後の回復の目途に関係なく、証拠金を割った瞬間に、トレードを終わらせてしまうものです。そのため、損をした状態での終了ということになります。


○一時的な急落に耐えられない可能性が

外貨の中には、一時的に価値を大幅に下落させ、改めて価値を戻すという会社もあります。株などでもストップ安に突然なり、その後、徐々に価値を戻すということはあるように、FXでもこの現象が起こるのです。この急落に対して、証拠金が少ない場合は価値を戻す前に、トレードを終了させられてしまうのです。そのため、急な変動に対する持久力という面では証拠金はやはり、大切な栄養源となるようです。